マイペースについて

DSC_0107-2

マイペース-

八十嶋悠介の作・演出による演劇ユニット。

演劇を志してコントになったり、コントを志してコントになったり。

2008年より大学の演劇サークルにてむくむくと立ち上がり、数回の上演を経て霧消。

2012年より八十嶋悠介のソロユニットとして展開。

【受賞歴】

遊戯祭16『聴かせておくれ清志郎』最優秀賞

参加作『ロックンロール捨てる』で受賞。

らてるね賞2016(北海道演劇宣伝美術賞)大賞

劇団アトリエ『蓑虫の動悸』と劇団パーソンズ『宇宙のはしっこ、はんぶんこ。』で受賞。

– – – 年表 – – –

2008年、当時札幌学院大学演劇サークル劇団SON’sSUNに所属していた八十嶋は、同期6人を集めて45分の短編作品『カンヅメ』を上演。現在マイペースの制作をしてくれている竹内も出演していた。これが2012年3月の公演につながる。

2011年3月 八十嶋、卒業単位を捏造。

2012年 3月 『彼はもうダメかもしれない、』 レッドベリースタジオ

作/吉田健人 演出/山本拓樹

出演/八十嶋悠介、山本拓樹、山谷怜

2011年に計画していた卒業公演は、八十嶋を含めた何名かは卒業の単位取得が危うかったため断念。なんとか1年後に卒業公演として上演した。マイペース名義による初公演となる。作・演出は八十嶋ではない。山谷怜さんを客演に迎える。

2012年10月 『ハナ』 演劇専用小劇場BLOCH

作・演出/八十嶋悠介

出演/山本拓樹、吉田健人、高橋未和、小池瑠莉、八十嶋悠介

短編作品上演企画、テアトロリストランテの参加作。花言葉をモチーフにしておしゃれな演劇を作ろうとした。道具で生花を使用したため、最前列のお客様にはフラワーの香りをお届けした。

2013年10月 『ナイスバッティング』 演劇専用小劇場BLOCH

作・演出/八十嶋悠介

出演/山本拓樹、齋藤皇、竹内麻希子

BLOCH FRESHVAL参加作。おしゃれな演劇を作ろうとした反動で笑いに貪欲になる。コントと演劇の間のものを作りたいと団体紹介のVTRで言っていた。東京03やバナナマンの影響を受けまくっていたのだろう。やってみたらコントになった。

2014年〜2015年

八十嶋が会社に勤め、演劇から離れる。同時に他劇団の公演チラシデザインを担当することが増え、チラシの人になる。

2016年4月 第1回公演『ロックンロール捨てる』 ターミナルプラザことにパトス

作・演出/八十嶋悠介

出演/村上友大、倖田直機、キャス太、大谷岱右、三上翔、がりん、寺地ユイ、中ノ里香

遊戯祭16『聴かせておくれ清志郎』参加作。潰れている芸能事務所をどうにかしようとしたり、しなかったりする話。最優秀賞を受賞し、舞台上で泣く姿がSNSで拡散される。

2017年3月 第2回公演『けものになりたい』 演劇専用小劇場BLOCH

作・演出/八十嶋悠介

出演/小倉佑介、久保章太、キャス太、和泉諒、サイトータツミチ、村中勇斗、岡今日子、寺地ユイ、小林なるみ

「目隠ししながら踊ろうぜ」つらい状況ではしゃぎ倒す10代のともだちの話。特に優勝したわけでもないのに、千秋楽の役者紹介の際に涙ぐむ。上演日は3月にもかかわらずスイカを使う話にしてしまったため、amazonで沖縄からスイカを取り寄せることとなった。

 

2017年11月 第3回公演『ばかもののすべて』生活支援型文化施設コンカリーニョ

作・演出/八十嶋悠介

出演/倖田直機、むらかみ智大、キャス太、大谷岱右、小倉佑介、三上翔、戸田耕陽、寺地ユイ、中ノ里香、小林なるみ

和菓子店の主人が亡くなり、その子供たちによる遺産相続についてのモロモロ。タイトルからわかるように、思いっきり力んでつくった公演。ベストアルバムを出して解散するバンドの気持ちってこういうものなのかと思ったが違うかもしれない。解散しないし。初の試みとして、アフターコントを上演。上々の反応を得るが、アンケートがコントの感想で埋め尽くされる事態に。

 

 

●八十嶋悠介

1988年札幌出身

デザイナー。紙媒体、ウェブデザインなど。お笑いが好き。