マイペース

DSC_0107-2

マイペース-

八十嶋悠介の作・演出による演劇ユニット。

演劇を志してコントになったり、コントを志してコントになったり。

2008年より大学の演劇サークルにてむくむくと立ち上がり、数回の上演を経て霧消。

2012年より八十嶋悠介のソロユニットとして展開。

 

【受賞歴】

遊戯祭16『聴かせておくれ清志郎』参加作『ロックンロール捨てる』で最優秀賞を受賞。

らてるね賞2016(北海道演劇宣伝美術賞)の大賞を、劇団アトリエ『蓑虫の動悸』と劇団パーソンズ『宇宙のはしっこ、はんぶんこ。』で受賞。

– – – 年表 – – –

2008年、当時札幌学院大学演劇サークル劇団SON’sSUNに所属していた八十嶋は、同期6人を集めて45分の短編作品『カンヅメ』を上演。現在マイペースの制作をしてくれている竹内も出演していた。これが2012年3月の公演につながる。

2011年3月 八十嶋、卒業単位を捏造。

 

2012年 3月 『彼はもうダメかもしれない、』 レッドベリースタジオ

2011年に計画していた卒業公演は、八十嶋を含めた何名かは卒業の単位取得が危うかったため断念。なんとか1年後に卒業公演として上演した。マイペース名義による初公演となる。作・演出は八十嶋ではない。山谷怜さんを客演に迎える。

 

2012年 10月 『ハナ』 BLOCH

短編作品上演企画、テアトロリストランテの参加作。花言葉をモチーフにしておしゃれな演劇を作ろうとした。道具で生花を使用したため、最前列のお客様にはフラワーの香りをお届けした。

 

2013年 10月 『ナイスバッティング』 BLOCH

BLOCH FRESHVAL参加作。おしゃれな演劇を作ろうとした反動で笑いに貪欲になる。コントと演劇の間のものを作りたいと団体紹介のVTRで言っていた。東京03やバナナマンの影響を受けまくっていたのだろう。やってみたらコントになった。

 

2014年〜2015年

八十嶋が会社に勤め、演劇から離れる。同時に他劇団の公演チラシデザインを担当することが増え、チラシの人になる。

 

2016年 4月『ロックンロール捨てる』 ターミナルプラザことにパトス

遊戯祭16『聴かせておくれ清志郎』参加作。

潰れている芸能事務所をどうにかしようとしたり、しなかったりする話。最優秀賞を受賞し、舞台上で泣く姿がSNSで拡散される。

 

2017年3月『けものになりたい』 演劇専用小劇場BLOCH

「目隠ししながら踊ろうぜ」がテーマの、つらい状況ではしゃぎ倒す10代のともだちの話。

特に優勝したわけでもないのに、千秋楽の役者紹介の際に涙ぐむ。

上演日は3月にもかかわらずスイカを使う話にしてしまったため、amazonで沖縄からスイカを取り寄せることとなった。

 

 

2017年11月『ロックンロール拾う(仮)』生活支援型文化施設コンカリーニョ

 

●八十嶋悠介

1988年札幌出身

デザイナー。紙媒体、ウェブデザインなど。お笑いが好き。

所属団体/マイペース(主宰)、TBGZ:The Birdian Gone staZZic.