Page 2

文豪の多い官能小説
トモエはサトシの顔を見つめた。普段見ることのない表情に、サトシの劣情は煽られた。 サトシは何も言わずトモエの服...
ばかもののすべてがおわりました
ありがとうございました。 ばかもののすべて、という生き物でした。 楽しかったです。 コンカリーニョというこれま...
ばかもののすべて
彼らは変態じゃない。すこし不器用なだけなのだ。 彼らはばかじゃない。 朝が来るまで踊っていたいだけなのだ。 デ...
おびえダンス
『よふけのビート』終わりました。 観に来てくださった方、来れなかった方、みんなありがとうございました。 タツミ...
『よふけのビート』
初めてひとり演劇の台本を書きました。 大好きなサイトータツミチさんの台本ということで張り切りました。 でもどう...
もやし
小学校に上がったくらいの時だったと思う。 おばあちゃんの家に遊びに行って、特にやることがなくなって暇を持て余し...